通信販売やデリバリーでオーガニック野菜を購入する際の注意点

通信販売やデリバリーでの購入

通信販売やデリバリーのようにインターネットを利用しての有機栽培野菜類の購入は、インターネット通信網の発達によるところが大きく、仲介業者を介さずに売買できるという点において、消費者と生産者の双方に大きなメリットを生むことが期待できるのに加えて、大手仲介業者を介すものの、製品の品質で顧客を掴むなどビジネスの幅も広がり、特に高額になりやすい上に痛みやすい有機栽培野菜の売買にはうってつけと言えます。

そのため、オーガニック野菜や有機野菜、無農薬野菜といった有機栽培野菜の購入先はインターネットが主体となりつつあり、現状、通信販売やデリバリーのようなインターネット市場での購入が労力とコストの両面から見て、有機栽培野菜の購入先として有力です。

オーガニック野菜を通販で購入するポイント

通販やデリバリーのように、実際の商品を手に取って確認することが出来ないインターネット上での商品購入は有機栽培野菜に限らずリスキーであり、業者を厳選する程度の対策しか取れず、業者選びに失敗することはそのまま買い物の失敗に直結することになるでしょう。

基本的に鮮度が下がりやすい有機栽培野菜の購入に際しては、産地との距離が特に重要で、近隣地域の商品の取り扱いがある通販サイトやデリバリーを基点にし、複数のサイトで価格を比較して、相場からの著しい逸脱が見られず、国が設けた基準を満たした有機栽培野菜であることを確認したり、ネットサーフィンで悪評の有無と内容を精査したりするといった対策が、インターネット通販購入におけるオーソドックスなポイントとなります。


この記事をシェアする
TOPへ