オーガニック野菜は健康に寄与するか

基本的なオーガニック野菜の定義

化学物質の過剰摂取や生体濃縮の危険性が叫ばれて久しい現代、オーガニック野菜や有機野菜を食べることが推奨されていますが、そもそもオーガニック野菜も有機野菜も何故推奨されているのか具体的に分からないという方も居られるのではないでしょうか。

オーガニック野菜や有機野菜に馴染みが薄い人にも分かりやすく述べるなら、オーガニック野菜も有機野菜もほぼ同義で、いずれも国ごとに設定された有機栽培の規定を守った野菜を指す語であり、有機栽培の化学物質を含有しない農薬と肥料による農作物の栽培を行うという特徴から、化学物質を含有した農薬と肥料によって通常栽培された農作物よりも化学物質の過剰摂取並びに生体濃縮のリスクが小さいことがオーガニック野菜と有機野菜の強みであり、推奨の理由となります。

オーガニック野菜を食べる長短所

そもそも無農薬野菜を育てて食べるべきなのではないかと思われる方も少なくはないでしょうが、有機野菜の中でも無農薬野菜は害虫や寄生虫による被害が大きく、通常栽培の農作物はもちろん、有機栽培の農作物よりも、一層、栽培に手間を要する上に、肥料を使えないことから野菜の味を良くする栄養成分の投与もままならず、よく言えば野菜本来の味、悪く言えば苦味と青臭さが強い味の野菜になってしまいがちです。

無農薬野菜のコストや味の部分をカバーすることを期待されているのが、オーガニック野菜や有機野菜で、化学物質を含まない自然由来の成分で構成された農薬や肥料により、無農薬野菜よりもローコストかつ、味の面でも期待が持てる訳ですが、保存性においては、無農薬野菜と同程度に留まります。


この記事をシェアする
TOPへ