オーガニック野菜は健康に寄与するか

本項は、有機栽培野菜に類するオーガニック野菜や有機野菜に関するスタンダートな知識となる、オーガニック野菜等の基本的な定義とその特色について述べると共に、有機栽培された野菜を食べる際に生じるメリット・デメリットを提示することを試みたページです。

オーガニック野菜についての基礎的な知識

野菜が健康面で体に良い食べ物であることは周知の事実ですが、産業革命に端を発する野菜の生産体制の変化によって工業化が進み、野菜の栽培に際し化学物質を多分に含んだ農薬や肥料が広く普及したことにより、安価に様々な野菜が生産され消費されるようになった一方で、近年になって化学物質が人体にもたらす影響が注視されはじめ、農作物以外の食品にも添付されている化学物質が最終的に人間の体内に蓄積されることによる化学物質の生体濃縮に対する危惧や、生体濃縮で既に体内に蓄積されている化学物質の許容限界を超えることによるアレルギーの発症リスクなどが研究され、可能な限り化学物質を排し有機栽培された野菜であるオーガニック野菜や有機野菜、化学物質は愚か農薬そのものを排した無農薬野菜といった、有機栽培野菜を食すことが推奨されるに至った現在、野菜=体に良い食べ物とは一概に言えなくなってしまいました。

しかし、農薬で害虫や寄生虫を退け、肥料による生育を促した農作物の味は、高水準であることも確かで、無農薬野菜の特徴である野菜本来の味が受け入れられないという人も見受けられます。

そこで、自然界で自然分解できない化学物質を用いない有機農薬や有機肥料による有機栽培が着目され、通常流通野菜に含有化学物質量の少なさで長じ、無農薬野菜に味で勝る、オーガニック野菜や有機野菜が有機栽培野菜の中で注目される結果となった訳ですが、有機農薬や有機肥料の原材料段階から含まれる化学物質まで考慮する必要があることを含めて考えると、オーガニック野菜や有機野菜の健康への貢献は、見込みがある程度に捉えておくのが無難です。

一般的なオーガニック野菜の購入法と価格相場

オーガニック野菜や有機野菜、無農薬野菜といった有機栽培野菜を実際に購入するに当たっての事前情報として、有機栽培野菜の生産コストの高さに起因する価格の高額化傾向を踏まえ、アナログな購入先を利用する利点に触れつつ、インターネット上の価格相場にも言及しています。

通信販売やデリバリーでオーガニック野菜を購入する際の注意点

添加物を添加できないことが原因で生じる、オーガニック野菜をはじめとした有機栽培野菜の鮮度の下がりやすさによる流通量の少なさを補い得る販路である、インターネットを介した通信販売やデリバリーの有用性とインターネット上から購入先を選ぶポイントについて述べました。

上へ